保護者ご家族さまへのお願い

先ずこちらをご覧下さい。

スポーツに関わる全ての人が理解し共有すべきことです。

メテオロッサ常陸大宮フットサルスクール生徒の保護者ご家族さまはここで言う所の”サポーター”になります。

サポーター

コーチはコーチに任せる。

レフェリーはレフェリーに任せる。

プレーは子供たちに任せる。

私たちは応援し、見守る。

全ては生徒の成長の為に大人が作る環境です。生徒一人一人が伸び伸びとプレー出来るようサポートしましょう。

子供の成長を止めてしまってるのは私かもしれない

サッカー大会がある事を知り、フットサルがサッカーに活きる事を再確認する為、時間を作り会場へ車をとばした。

駐車場へ車を止めドアを開けた瞬間、聞こえてくる各チーム応援の大合唱。とても盛り上がってることが分かった。

複数のコートにチームのテントが数十個。必死にボールを追いかける子供たち。ベンチの控えメンバーや応援している保護者たち。監督コーチにレフェリーと選手同様汗だくになりながらサッカーというスポーツを楽しんでいる。

とても良い光景だった。

そんな中、目に飛び込んできたのは最終ディフェンダーとゴールキーパーの間に出た一本のパスだ。このスルーパスを受けたフォワードの選手がゴールキーパーと一対一になりゴールを決めた。

そのパスが通った時だった。

ゴールを決められたチーム側の保護者から一斉に「オフサイ、今のオフサイドだろ。審判何見てんだよ。あのラインズマン、ダメだろ。絶対オフサイだって。」こんな声が飛び交っていた。

このチームはその一点に敗戦してしまった。試合終了後、悔しさのあまり泣いている選手がいた。監督、保護者はこの一点が納得いかず審判に講義する勢いだった。

チームに関わる大人が悔しいのは分かる。しかし、誰よりも悔しいのは選手たちだ。そして試合をジャッジしているのはレフェリー。保護者ではない。

保護者の中には子供たちに「あれはレフェリーが悪い。」と話しつける大人までいた。

あの一点がなければ。

あのレフェリーじゃなければ。

などと考えたくなる気持ちは分かる。

メテオロッサの考えはこのチームとは全く違う

いくらミスジャッジのせいで負けたとしてもレフェリーのせいにはしない。

むしろその一点で負けてしまったのなら、なぜその時まで同点だったのか。

そこを子供たちと議論する。

誰かのせいにするのは簡単で直ぐ次に進めると勘違いする。忘れることはできるかもしれないが、果たして子供たちの成長はできたのだろうか。

この事で子供たちの成長を大人が奪っていないだろうか。

今一度、我々大人がスポーツを楽しむ為に見つめ直すべきじゃないでしょうか。

そして、子供たちの成長を全力でサポートして5年後10年後に子供たちの夢が叶えられるよう見守って行きましょう。

ノーコーチング

メテオロッサ常陸大宮フットサルスクールでは保護者ご家族さまにお願いしている事がある。基本、保護者ご家族さまにはスクールへの送迎、生徒への応援のみをお願いしている。つまり冒頭でも記しているように、あくまでもサポーターなのだ。

いかに生徒の個を引き出し成長させるか、常に先を見据えプランを練っている。生徒との空間には喋らずしもコーチングは形成されている。応援を履き違いコーチングしてしまう事は、生徒にとってマイナスになってしまいますのでご注意ください。

リスペクトの精神を忘れずに

スポーツに関わる全ての人にとって、とても大切な事です。ぜひ、お子さまと共にメテオロッサ常陸大宮フットサルスクールで素敵なフットサルライフをお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA