6月 13

ディフェンスの優先順位

今回はディフェンスについて考えてみよう

ディフェンス(守備・しゅび)は何の為にするのか?こちらの記事を先に見ていただきたい。

守る為のディフェンスではない 攻める為のディフェンスである

個人的にディフェンスがいまいち上手くできない。どうしたらボールを奪えるか。ディフェンスの優先順位を学ぼう‼︎

 

1、ボールが相手へ渡る(パス)時はボールを奪うチャンス

一番良いのはボールが相手に渡る前に自分(味方)のボールにする。パスを奪えるとカウンター(攻め)につなげる事が出来る。また、パスやドリブルやシュートといった選択肢も増える。

2、相手より先にボールを奪う事が出来なかった場合は振り向かせない

パスが相手に渡ってしまった時は振り向かせないように心掛ける。振り向かせてしまうと、パスやドリブルやシュートを自由に選択する事ができる。相手が振り向けないということは、攻められないということ。相手陣地でボールが動いている時は、点を取られる確率は低くなる。

3、振り向かせてしまったら相手の足からボールが離れた瞬間を狙い奪いに行く

振り向かせてしまった時は相手とボールを自陣のゴールから遠ざけたい所です。つまりサイドライン側へ追いやる事を意識します。どこで相手からボールを奪うのか相手の動きを予測します。ここの駆け引きの中で単純に取りに行こうとすると、上手い選手になれば簡単に交わす事が出来ます。フットサルでは1人交わされてしまうと不利になります。奪い取る為には足からボールが離れたその一瞬を狙います。このタイミングは日々のトレーニングで身に付きます。特にフットサルでは足の裏を使ったドリブルが特徴です。その為、足からボールが離れることはなかなかありません。常にタイミングを計りながら外へ外へと追い込みボールを奪う為のチャンスを狙います。

※各個人で意識しトレーニングしよう。

チーム全体で共有すると、大きな力を発揮します。

image




Posted 2016年6月13日 by na-ri in category "トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA