9月 17

欠点に気付くと人は変わる

【ジュニアコース】

直感を鍛える為のトレーニング法

マルバツゲームはご存知でしょうか?2人で対戦するゲーム。よく紙に書いて対戦したのを覚えている。マルかバツに分かれてマスを埋めていく。どちらかが縦・横・斜めに揃った時点で勝ちとなる。

image

ここではフープを使いアレンジしてみた。

image

用意する物はこれだけ

マスの代用はフープ縦3×横3で合計9コ使う。マルバツはマーカーコーン2色、3コと3コで計6コ。

このゲームでは何人でも対応できる。2チームに別れるだけで良いのだ。1人づつ交互にフープの中にマーカーコーンを置いていく。相手が先に揃うのを阻止しながら、自分達に一番良い場所を探して置いていく。このゲームの中には(状況判断・瞬時の判断・遊び要素)などが含まれる。

 

image

〈スクール生の反応〉

負けたくないという気持ちが、チームを引っ張り団結が生まれる。その中で応援したり、アドバイスをしたり作戦をも考える。早く考え、早く揃える。1人1人が集中している姿が印象的だ。

〈あるスクール生〉

「これってフットサルに関係あるんですか?」と聞いてきた。このスクール生はジュニアコースの中ではダントツにボールタッチがうまい。ドリブルさせれば取る事が難しい。そんな彼のイメージではボールを使う事が第一にあるようだ。確かにボールを人よりも多く触っていればコントロールは上達する。しかし、フットサルもサッカーと同様団体競技。自分のスキルをいかに仲間の為に使うかという事も大切になる。そこには素早い判断が必要だ。状況を瞬時に理解し、行動に移す。これがとても大切になる。

image

〈目的〉

このアレンジしたトレーニングでは、リフレッシュさせたい時などにも効果的だ。遊び感覚で直感を鍛える事ができる。フットサルはサッカーとは違い、攻守がめまぐるしく変わる。展開がとても早く、1人がボールを触りプレーする時間も、サッカーに比べ6倍も多いとされている。その為に、個人が判断し決断する時間も多くなる。咄嗟に何をしなくてはいけないのか。どうすれば良いのか。という事を考えていなければいけない。そうした判断を遊びの中から磨き、スキルアップを図る。いろいろなゲームにヒントが隠れている。これを1つでも多く見つけ出しトレーニングしていく。柔軟な子供達には、必ずプラスに働くはずだ。

image

【一瞬のアイディア】直感をきたえる方法

物事を決める時、人は『直感』で決めている。この事を理解した時、また一つ成長できるに違いない。直感について動画の方でも説明しているので、何か参考になれば幸いです。

 

image




Posted 2016年9月17日 by na-ri in category "トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA