4月 13

足の裏を使おう

トラップの仕方【フットサル】

フットサルでとても重要なことは、足の裏を使ったボールコントロールです。

ボールを止める時〉

フットサルは狭いコートでプレーする為、相手のプレッシャーがとても速くなります。そこで、自分の足からボールが離れてしまうと、簡単にボールを奪われてしまいます。転がって来たボールは足の裏でトラップします。

この時、注意しなければいけない事があります。

それは動きながらボールをコントロールするという事です。常に動きの中でボールをコントロールする。転がって来たボールをしっかりコントロールする為には、足の裏(かかと寄り)では無く、(つま先寄り)で止めると次のプレーに素早く対応する事ができます。転がってくるボールに対して、更に足首の角度も重要になります。

image

 

〈ボールを運ぶ時〉

足の裏でボールを止めると同時に、ボールを運びたい方向へ転がします。

こうする事で

①止めてから②運ぶ

という動作より

①止めた瞬間に運ぶ

という事で相手がプレッシャーを掛けてくる前に動き出せるという利点があります。

image

そして、ドリブルしている時も足の裏のコントロールは重要になってきます。ここで足の裏を使えるか、使えないかで試合の勝敗にも大きく関わってきます。

ゴールデンエイジ世代でしっかりとしたボールコントロールを身に付ける事がカギになります。ここでの経験が後に大きく影響するでしょう。

 

 

 




Posted 2016年4月13日 by na-ri in category "トレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA