レガース(すね当て)

フットサルでは身体の一部を保護できる道具レガース(すね当て)があります。

フットサルでもサッカーと同様に、唯一身体の一部を保護する事が許されている場所。

それが脛(すね)です。

ボールを足で操るスポーツなので、足と足がぶつかる時があります。

そこで守ってくれるのがレガースです。ソックスと脛の間に入れ、脛を守ってくれる道具。試合などではレガースの着用がルールです。

身体を守ることも大切な事です。怪我をしてからでは遅いのです。怪我をしている最中はボールを蹴る事も困難になってきます。その期間を棒に振ってしまう事になります。出来る限りの事は自分でケア出来るようにしましょう。

様々な種類、形、大きさの物があるので自分に合った物を用意すると良いでしょう。


Warning: sprintf() [function.sprintf]: Too few arguments in /home/users/2/lovesick.jp-meteorosa/web/meteorosa.blue/wp-content/themes/lineday/library/underscores/template-tags.php on line 27
トレーニング

コメントを残す

CAPTCHA